水野賢一『稼げる日記 Diary(ダイアリー)』

Uncategorized

こんにちは!Daikiです。

今回は水野賢一氏が出している 『稼げる日記 Diary(ダイアリー)』と言うオファーを検証していこうと思います。

簡単な日記を書くだけで一件5000円で月収130万円以上が稼げると謳うオファーになるのですが

果たして本当にそんな事が可能なのでしょうか?

と言う事で今回は

『Diary(ダイアリー)』のビジネスモデルや内容、評判や口コミなどをまとめていきたいと思います。

水野賢一『稼げる日記 Diary(ダイアリー)』とは?

“簡単な日記を書くだけで1件5000円の臨時収入!

327名全員が月収130万円以上稼いだ

驚異の新生ビジネスがついにネット史上初公開!”

こちらが『稼げる日記 Diary(ダイアリー)』のキャッチコピーになります。

日記を書くだけでと言う今までに聞いた事がないビジネスモデルです。

最初はアフィリエイトかなとも思ったのですが、適当に書いて儲かるほど甘い世界では無いので違いますね。

実績としてら327名全員が月収130万円以上稼いだそうですが、

証拠がないので信憑性はありません。

報酬が出るという事は、誰かがお金を払っているという事です。

つまりその人にとって何かメリットがあるから対価として報酬を支払う訳で

簡単な日記に誰かが得をする事などあるのでしょうか?芸能人や有名人で無ければ需要は無いですよね。

こう言ったビジネススキームの全く読めないオファーは過去にも沢山見たことがあります。

“動画を見るだけ”とか”アプリを開くだけ”

とか様々なオファーを見ましたが

結果としてどれも悪質なオファーでした。

今回の『稼げる日記 Diary(ダイアリー)』

もビジネススキームが全く見えないという大きな共通点があるので

キャッチコピーを鵜呑みにするのは注意が必要ですね。

特定商取引法に基づく表記

こちらが稼げる日記 Diary(ダイアリー)の特商法になります。

会社名と電話番号が載っていませんので全く信用にならない特商法と言えますね。

注意書き欄にはしっかりと

“本商品に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも利益や効果を保証したものではございません”

と記されています。

日記一件につき5000円の報酬が貰えると言う話でしたが

日記を書いても報酬を貰えないという事があると言う事でしょうか。

矛盾していますね。

水野賢一『稼げる日記 Diary(ダイアリー)』の評判や口コミ、レビュー

発生した報酬を振り込んで欲しいなら高額塾を買う流れになるかと思うんですけど、だったらそこから差し引いてほしいですよね(笑)
ダイアリーでの作業がいくら作楽だからと言ってもお金になることはありませんし、そもそも需要のない作業に価値はありませんので、だとしたら普通に頑張ってFC2やライブドア、はてなブログを使用してアフィリエイトをした方が効率的だと思うんですけどね(笑)
https://infosagara-invest.com

水野賢一氏のDiary(ダイアリー)は

まず間違いなくウソでしょうね


だって、大手企業が出しているアンケートや日記でさえも

貰える報酬はわずか数十円程度しかありませんので

そんな中で水野賢一氏が豪語する

1件5000円の報酬を出せる企業が存在するかと言えば、

「そんな企業は存在しない!」と言っても過言ではありませんから。
http://xn--u9j2hd2bza2ad0c9922j20ya.com/%E8%A9%B

まとめ

水野賢一『稼げる日記 Diary(ダイアリー)』について調べて見ましたが、

やはりビジネススキームが全く読めないのと

130万稼いでいる実績の証拠が無いので信用性は無いですね。

一般人が適当に書いた日記にどんな需要があるのか全くわかりませんし、そこに高単価の報酬を払う企業のメリットもわかりませんので

『稼げる日記 Diary(ダイアリー)』自体が嘘である可能性が非常に高いです。

過去にも似たようなオファーがあったのですが、内容はリスト収集目的の嘘案件でしたので

『稼げる日記 Diary(ダイアリー)』もリスト収集が目的の案件なのではないでしょうか。

甘い誘い文句を鵜呑みにするのは危険ですので注意しましょう。

稼げると言う事は報酬を払う側に何かしらのメリットがあるはずなので、その仕組みを理解していれば、

しっかり見極められると思います。

こう言ったオファーに引っかかる人がいなくなる事をねがっています。

と言う訳で 水野賢一『稼げる日記 Diary(ダイアリー)』はオススメ出来ません。

最後まで見ていただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました